キャメル・ボックスを吸ってみた

スポンサーリンク

2019年7月下旬発売

みなさん待望?の「キャメル・ボックス」のサンプルをいただいたのでさっそく吸ってみます。

まずは外観から・・・

全体的なデザインは最近のJTキャメルの色違いでそんなにインパクトはない感じです。

写真が下手で見にくい!(ごめんなさい・・・)

側面はなんの変哲もないかんじ。

逆サイドは、まさかの「MADE IN TURKEY」の文字!これはもしかして伝統の「ターキッシュ&アメリカンブレンド」の文字は・・・見当たりませんです、はい。ちょっとがっかり。

誤認させるためにJTはわざわざトルコから輸入?そんなわけないか・・・

キャメルの開き。大好きなプレーンフィルター!シンプル!だがそれがいい。ターキッシュ葉が入っていたらもっと良い!刻みは一般的な紙巻きたばこと同じくらいのJT系の刻み幅です。

吸ってみた感じは可もなく不可もなくごくごく一般的なアメリカンブレンドのタバコって感じで僕は好きな味です。プレーンフィルターのレギュラーたばこって今はあんまりないから・・・

しかもこれって400円でしょ?安い!

「キャメル・ボックス」

TN値 タール12mg ニコチン1.0mg

20本入り 450円

トルコ製

やばい、ついついたくさん吸ってしまった・・・2本しかないや。

スポンサーリンク