キャメル・シガーを吸ってみた!

スポンサーリンク

最近のたばこ業界にもいろいろと動きがあるみたいで、空前のシガーブームが訪れています!

とは言っても本格的な葉巻ではなくフィルター付きの葉巻がたくさんリリースされています。

当店のスペースではとてもじゃないけど置ききれない種類のタバコが続々と登場しまくりです・・・

味もあんまり好きじゃないんだよねぇ~安い葉巻ってさ。

その中でも常喫できそうなのがJT製「キャメル・シガー」なんです。

種類は「キャメル・シガー」「キャメル・シガー・ライト」「キャメルシガー・メンソール」の3種、ありがちなラインナップですがありがちがゆえに最強の組み合わせなのか、な。

キャメル・シガー・360円
キャメル・シガー・ライト・360円
キャメル・シガー・メンソール・360円

吸ってみた感じは、いたって普通なタバコに感じます(葉巻感はあるけどメンソールはそうでもない。ハッカは偉大です。)

このたばこの一番のアピールポイントは価格!なんだと思います。

海外製のフィルター付き葉巻よりは高いけどその他のJT製紙巻きたばこに比べればやや安い価格設定なのもポイントです、なんたって「キャメル」ですし。

とりたてて良くはないけど決して劣等生ではない良くまとまっているタバコに感じました。

キャメル・シガー、キャメル・シガー・ライト、キャメル・シガー・メンソール

20本入りKSボックス

360円

今年はたばこが増税になりますが法の網をすり抜けている系の葉巻達はどんな課税をされるのか・・・

スポンサーリンク